株式会社QUNIE

NTT DATA Group

クラウドサービスを活用した予算管理業務効率化 - ルーティン業務から高付加価値業務への転換 -

QUNIEの考える予算管理業務における
クラウドサービスの活用

グループ規模の拡大と流動的な事業環境などを背景として、多くの企業で予算管理業務について課題を抱えていますが、その課題への対応は遅れているのが現状です。その原因の多くは、予算管理業務に対するシステム投資が抑制されていることと、これに伴い手作業中心の現業の工数負荷が高く、なかなか改革活動に着手できないことにあります。

従来型の予算管理システムの導入は、導入コストに加えてハードウェア、ソフトウェアの調達やその運用・保守コ ストも含めて、高額のシステム投資となる傾向があり、効果の見えにくい管理業務に対するシステム投資に二の足を踏む企業が多くありました。このシステム導入の高コスト化の傾向への対処方法の一つの手段として、クラウドサービスの活用が考えられます。

クラウドサービスは、基本的に使用料金のみで、HW、SWの調達、保守のコストが不要となり、また導入期間も短期で実現できることから、比較的リーズナブルな価格でシステム導入が可能となります。QUNIEでは、このようにクラウドサービスを活用することで業務を効率化することで、現状のルーティン業務から、分析・シミュレーションを中心とした高付加価値業務へ転換することをご提案します。

QUNIEのPBCS導入ソリューション
~簡易診断による早期導入を実現

Oracleの提供するOracle Planning and Budgeting Cloud Service(以下、PBCS)は、日本及びグローバルにおける代表的な予算管理のクラウドサービスです。
QUNIEでは、導入効果を早期に享受するために、PBCSの早期導入を実現するソリューションを提供します。

QUNIEでは、豊富な予算管理システムの導入経験を元にした「簡易診断書」を活用し、お客様に適した導入方法を、「入力重視型導入」、「計算処理重視型導入」、「レポート重視型導入」の3つのパターンから判断することで、機能過不足のない最適かつ早期の導入を実現します。

PBCSは予算管理業務の「収集」、「計算処理」、「レポート」の各段階において豊富な機能を有しています。しかしながら、必要となる機能は各社の実情によって異なります。早期導入において重要となるのは、必要最低限の機能をいかに取捨選択する点にあります。

なぜクニエか?

一気通貫のサービス提供業務要件の理解からPBCS を用いた実現方法を提案・開発ができるコンサルタントの参画

先進的なHyperion製品の導入実績・ノウハウ・オラクル社とともに共同でソリューション開発を実施
・Hyperion 関連製品の導入に10 年以上従事しているメンバが多数在籍

会計領域のコンサルティング会計系コンサルティングファームおよび監査法人出身の会計士、US-CPA 等の有資格者が多く所属

クライアントご担当者負荷の最小化PBCS・システムの専門家だけでなく、上記の会計士資格を保有したメンバに加えグローバルでの経験豊富なコンサルタントの参画

業務面も考慮したシステム構築単なるシステム構築ではなく、業務に精通したコンサルタントによる、業務面も含めた全体最適となるシステム構築

将来的な拡張性将来的な経営管理の高度化を意識したシステム構築を行うことはもとより、他領域の改革への発展も含めた支援