プレスリリース

2013年 5月27日

Hinemosクラウド管理オプションに対応したソリューションの提供開始

株式会社クニエは、株式会社NTTデータが2013年5月27日より提供を開始したHinemosR(以下Hinemos)のオプション製品「クラウド管理オプション Standard」を活用した企業のIT基盤に関するコンサルティングサービスの提供を開始しました。従来より提供している「Hinemosクラウド運用管理ソリューション for Amazon Web Services」に本製品を統合し、より低コスト、短納期のクラウド運用管理基盤構築サービスを提供します。同時に「Hinemos SAP連携ソリューション」も、本オプションと組み合わせての利用が可能となります。

NTTデータのプレスリリースはこちらから

Hinemosクラウド運用管理ソリューション for Amazon Web Services

オープンソースの統合運用管理ツールHinemosによるAmazon Web ServicesのEC2/EBS/S3で構成されるリソース群の運用管理を独自のフレームワークで実現します。監視機能の他、テンプレート化したバックアップ、サーバ制御機能も提供いたします。
紹介資料(PDF 534KB)

Hinemos SAP連携ソリューション

クニエ独自のフレームワークで、Hinemosの監視機能、ジョブ管理機能をSAP製品に対応させ、ユーザ企業がIT環境全般を統合管理することを実現します。また、オープンソースソフトウェアを活用することで、利用企業は初期導入コストだけではなく、システム拡張時のコストを最小化し、継続的な運用管理コストを大幅に削減することができます。
紹介資料(PDF 421KB)

クニエは、2010年7月より、Hinemosを活用した企業IT環境の統合運用管理ソリューションを提供しております。今後も積極的にオープンソースソフトウェアを活用したソリューションビジネスを展開していきます。