プレスリリース

2016年7月19日

NTTデータなど5社でHinemosのアライアンス体制を構築
〜国内外へのHinemosのビジネス展開を一層強化〜

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)、NTTデータ先端技術株式会社(以下:NTTデータ先端技術)、株式会社NTTデータ関西(以下:NTTデータ関西)、株式会社クニエ (以下:クニエ)、株式会社アトミテック(以下:アトミテック)は、2016年7月19日より、国内外へのHinemos(注1)のビジネス展開の強化を目的としたアライアンス体制「Hinemosアライアンス」を発足します。

本アライアンス体制では、各社の強みを生かしてビジネス領域、規模、地域に合わせた最適なソリューションを展開していきます。また、継続的に顧客ニーズを収集して、製品にフィードバックする体制を強化していきます。これらにより、これまでの運用管理の枠にとらわれない機能・サービス・ソリューションのスピーディーな提供を実現します。また、保守体制の強化や販売チャネルの充実により、エンドユーザーにおいては、より入手しやすく安心してHinemosを使用可能となります。

今後も本アライアンス体制により一層のHinemosの普及を図るとともに、Hinemos構築・保守サービスやHinemosパッケージ販売により、年間50億円の売り上げを目指します。

(注1)Hinemosとは、複数のコンピューターを単一のコンピューターのようなイメージで運用管理できる、オープンソースソフトウエア(OSS)です。

プレスリリース本文