キャリア入社 コンサルタント

前職で培った専門性と知見が
コンサルタントとしての
大きな武器に。

転職先を選んだ軸は製造業に強いファーム。

大学の就職活動時から、コンサルタントという仕事に憧れを持ってはいたものの、最初に就職したのは精密化学メーカーでした。研究開発職として7年間勤務していたのですが、コンサルタントへの憧れが薄れていなかったことと、1社1業種の経験に留まるのではなく、他業種を見ることでもっと視野を広げたいという想いが募り、転職を決意するに至りました。

ただ、コンサルタントという未知の仕事を選ぶにあたり、自分に務まるのだろうか…という不安や躊躇もありました。そこで、せめて前職の経験や知識を活かせるようにと、製造業に強いコンサルティングファームを探し、出会ったのがQUNIEでした。詳しく知るうちに、QUNIEのコンサルタントのうち半数以上が事業会社出身であること、社内で行われる研修やワークショップなどの教育制度や、少人数制のプロジェクトの中でプロとしてのスキルを磨けるということが分かり、それらも私がQUNIE入社を決める要因になりました。

お客様の不満や課題が分かるからこそやりがいも一際。

実際に入社して感じたのは、製造分野での現場経験があるからこそ、やりがいが倍増するということでした。これは入社前には想像できていなかったことだったので、意外な結果でもあったと同時に自分の転職先として正しい選択だったのだという実感を得られてうれしかったです。

例えば、私の前職は化学系でしたが、今担当しているのは重工業系のお客様です。ですが、製品分野の違いこそあれ、開発現場が抱えがちな不満や課題は大きく変わらないことが多く、お客様と話していると「その気持ち、よく分かります」「それは私も経験したことがあります」といった場面が数々出てくるのです。ですから今は、前職の現場で嫌というほど味わってきた「こんなことができたらいいのに」「こうであったらもっと便利なのに」という部分を実現させていく立場にいることが、大きなやりがいにつながっています。

お客様との良好な信頼関係が、さらなる意欲に。

先程、例に挙げたお客様は、これまで紙ベースで設計書を書かれておられたのですが、今後は国内外どこの拠点でも同じ品質で製造できるようシステム化したい、というご要望をお持ちでした。導入が済んでしばらくした頃、お客様から「このシステムのおかげで仕事の効率が上がったよ」という言葉をいただくことができたのですが、私自身が開発現場での改善の難しさを知っている分、その時のうれしさは一際でした。

プロジェクト自体は終盤に差し掛かっており、現在は出てきた不具合や改善点を修正しているフェースなのですが、ますますやりがいを感じています。今も「この部品の表示数を増やしたい」「表示をもっと見やすくできないか」など、通常なら情報システム部門の方に伝えるような内容を直接私に相談いただいており、これも良好な信頼関係を築くことができた賜物だとうれしく感じると共に、もっともっとお客様の事業改善や業績向上のお役に立ちたいという意欲に燃えています。