新卒入社 コンサルタント

お客様への貢献を
いちばんに考える姿勢。

惹かれたのはQUNIE独自の社風。

私はQUNIEの中では少数派となる新卒での入社です。知識も経験も全くない中、高いスキルが要求されるコンサルタントという仕事が務まるのか、確かな成果をあげることができるのか、コンサルティング業界に飛び込むことへの不安やためらいは少なからずありましたが、そんな私がQUNIEなら入社したい、この会社で働いてみたいと思ったのは、社風がたいへん魅力的だったからです。

そのひとつが、新卒学生の大量採用を行わず、ごく少数を採用してスペシャリストを育てる、という方針でした。また、キャリア入社の社員が多数を占めるQUNIEには、様々なバックグラウンドの先輩方が居られ、そういった多彩なキャリアを持つ先輩方と共に仕事ができることにも惹かれました。QUNIEのような環境ならば、新卒の自分でもしっかりと、高いレベルまで成長できるのではないかという想いが、コンサルタントへの一歩を強く後押しするきっかけになりました。

自身の経歴を社会の役に立てたい。

またもうひとつ、QUNIEが製造業に強みを持つコンサルティング会社であることも、入社の動機に深く影響しています。私は博士課程まで進み先端研究を行っていたのですが、その中で、そういった研究をいかに世の中の役に立つ形にできるかということに興味が移っていきました。そこで、研究の先につながる開発、製造というプロセスの効率化に関わる仕事がしたいと考え、日本の製造業の成長と発展を支えてきたQUNIEでコンサルタントとして働きたいと考えたのです。

入社して1年目は、出来ないことも多く悔しい思いもたくさんしました。ですが「出来ないと思っていたらやらせてない」という上司の言葉に励まされながら、さまざまな業務に挑戦させてもらいました。コンサルタントとしての知識や経験はまだまだ先輩方に及びませんが、少しずつ自分のスタイルを作り、製造だけでなく、研究・開発領域にも踏み込んだコンサルティングができるようになることが今の目標です。

信頼と評価につながるコンサルティングスタイル。

コンサルタントとしてのキャリアはまだ始まったばかりですが、お客様から感謝やねぎらいの言葉を掛けていただけた時は、この仕事を選んだことに喜びを感じます。今、担当しているお客様の工場での話になりますが、「業務改善のために、ここまで一緒に付き合ってくれたコンサルタントは過去にいない」と言っていただき、心から嬉しく思ったと同時に、仕事へのやりがいや誇りが一層強まりました。

しかし、このような言葉をいただける理由は、QUNIEが最も大切に考えている「お客様の本質的な向上、価値の創造」という揺らぎないコンサルティングスタイルがあるからこそです。自分たちの利益を上げることではなく、お客様の利益を上げるためにどんな貢献ができるのかということを一番に考えて、提案、行動する。この考えが全てのコンサルタントに定着していることが、お客様からの信頼と評価につながっているのだと実感します。