トレーニング

当社では「キャリア開発は、常に個人が能動的かつ主体的におこなうべき」という考え方をもっています。プロジェクトや提案活動におけるOJTで、社員は主体的に自己成長を図っています。しかしそれだけでは会社としての責任を果たしているとは言えません。OJTだけでは得がたい知識やノウハウなどを、社員はOFF-JTという別の機会で得ています。一方で、過剰な研修メニューや計画は社員の自主性を削いでしまう可能性がありますので、適度なボリュームと網羅性を維持して社員への機会提供を行なっております。 さらに、組織への貢献とモチベーション向上を目的として、多くの社員がOFF-JTの講師を経験しております。後輩への指導を行うことで、自らその内容に対する理解を深めることもできます。 さらに個々の社員において、専門性が異なるため対象者が少ない研修内容については、個人が自己研鑽の場を持てるよう様々な施策を検討しております。