イベント・セミナー

なるほど納得!SAP S/4HANAのインフラ構築セミナー
〜可用性・バックアップ・DR検証結果を分かり易く解説〜【終了】

開催日:
2018年7月25日(水) 14:00〜17:00(受付開始 13:30)
会場:
SAPジャパン本社(東京都千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル)
主催:
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
共催:
SAPジャパン株式会社
協力:
株式会社クニエ、Commvault Systems Japan株式会社、サイオステクノロジー株式会社、
シスコシステムズ合同会社、ヴイエムウェア株式会社
対象:
・新任CIOやIT部門リーダーの方
・既存SAP(SAP ERP6.0など)ユーザーで、システム更改を機に新たなIT基盤を検討しているご担当者様
・SAP S/4HANA 新規導入を検討中のご担当者様
参加費:
無料(事前登録制)
定員:
50名
お申込み:
お申込みはこちら
運営事務局のWEBサイトに移動します。

PDFダウンロード

プログラム

14:00〜14:05 9社共同検証の経緯

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドサービス企画開発部 部長代行 神原 宏行

14:05〜14:20 検証環境「CO-Innovation Lab Tokyo」のご紹介

SAPジャパン株式会社
Co-Innovation Lab Tokyo(協同研究開発センター) シニアディレクター 渡邊 周二
シスコシステムズ合同会社
パートナーシステムズエンジニアリング SAPコンピテンスセンター
テクニカルソリューションズアーキテクト 赤坂 知


SAP HANAの冗長性・保全性検証を実施したSAPジャパン株式会社の協同開発検証センター「SAP Co-Innovation Lab Tokyo」とはどんな施設なのか?を明らかにします。

14:20〜14:50 VMwareでSAP HANAを仮想化する

ヴイエムウェア株式会社
テクノロジーアライアンス担当部長 森田 徹治


VMwareソリューションでSAP HANAを仮想化すると様々なメリットがありますが、SAP HANAをVMwareを使ったTDI(Tailored Datacenter Integration)環境で動かすには、SAPのサポート要件をクリアする必要があります。このセッションでは、VMware上のSAP HANAの動作環境について、SAPのサポート状況も含めて解説いたします。

14:50〜15:00 休憩
15:00〜15:50 大容量メモリHANAの仮想/クラウド環境における可用性・バックアップ・DRの勘所

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドサービス企画開発部 部長代行 神原 宏行
株式会社クニエ
テクノロジープリンシパル 蔵谷 和彦


近年、アプライアンスが当たり前であったSAP HANAは、仮想環境やクラウド(IaaS)環境上でも数TBク ラスまで本番のSAP HANAがサポートされ、その活用が増加しています。本セッションでは、非機能要件である 可用性・保全性(Disaster Recovery・バックアップ)について、9社で共同検証を行った結果について解説い たします。

15:50〜16:00 休憩
16:00〜16:30 CommvaultによるHANAのバックアップ/リカバリ、クラウドへのDRおよび移行手法

Commvault Systems Japan株式会社
セールスエンジニアリング Principal Systems Engineer 渡邉 健一


今も昔も必要な「バックアップ」ですが、SAP HANAをはじめとした新しいテクノロジーへの対応や法令遵守、 またリストア、DR先としてオンプレミス環境ではなくクラウド環境の利用が増え、従来のバックアップ方式では対応できない状況が発生しています。本セッションでは、Commvaultがこのような状況をどう解決するかをご紹介い たします。

16:30〜17:00 HANAの可用性を更に高めるポイント 〜HAクラスターによるアプローチ〜

サイオステクノロジー株式会社
第1事業部 BC事業企画部 プリセールス 西下 容史


最近の傾向としてHANAの導入先に、従来のオンプレ環境ではなくクラウド(IaaS)環境が採用されるケー スが増加しています。設備の整ったクラウド環境でも忘れてはいけないのが、システムの障害対策(可用性の担 保)です。クラウド上でのSAP HANAの可用性を更に高める方法として、今回の9社共同検証で検証された、 HAクラスターソフト「LifeKeeper」による対策のポイントを簡潔にご紹介いたします。ぜひご覧ください。