プレスリリース

2013年 7月23日

ネットアップとクニエ、NetApp Private Storage for AWSを日本で提供開始

エクイニクス社のIBXデータセンターでの共同検証を通じて、AWSのクラウド環境の拡張性や俊敏性などのメリットをオンプレミスに拡大
ネットアップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩上 純一、以下ネットアップ)とNTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエ(本社:東京都港区、代表取締役社長:高木 真也、以下クニエ)は本日、ネットアップが提供するNetApp Private Storage for Amazon Web Services(アマゾン ウェブ サービス、以下AWS)の日本での提供開始を発表しました。NetApp Private Storage for AWSは、AWS Direct Connectを活用した企業向けストレージ ソリューションで、顧客はネットアップのストレージ製品とAWSのクラウド環境への専用ネットワークを通じて、社内データセンター リソースとAWSのクラウド リソースをバランス良く組み合わせたシームレスなハイブリッド クラウド インフラを構築できます。

プレスリリース本文