プレスリリース

2014年11月 19日

クニエとソフトウェア・エージー 
「ARISを活用したグローバルビジネス標準化」提供開始
〜 ”グローバル標準” 業務プロセス、ルールの策定とその維持管理を支援し
グローバルへの統制の効いた進出・拡大に貢献 〜



NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエ(本社:東京都港区元赤坂、代表取締役社長 高木真也、以下 クニエ)と、ソフトウェア・エー・ジー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:細谷修平、以下ソフトウェア・エー・ジー)は、日本企業がグローバル拠点での統制を効かせ、ビジネスを一層拡大していくための支援を可能とする「ARISツールを活用したグローバルビジネス標準化」サービスの提供を開始することを発表します。

■サービス提供の背景
欧米企業が本社やグローバルチーム主導で、各国各拠点のあるべき業務プロセスやルール、経営管理指標の提示など、グローバル一元的な経営を推進している一方、日本企業は現在、グローバルの各拠点に派遣された少数の拠点経営層およびナショナルスタッフの独力でこのような欧米企業との競争を強いられています。グローバルベースで欧米企業などとの競争に対応するためには、日本企業の本社が主導した「グローバル標準」業務プロセスやルール、それら標準の上で可能となる経営管理指標およびそのメッシュ、本社へのリアルタイムでの報告の実現が必要不可欠となります。

さらに、標準化実施後は、標準となる業務プロセスやルールの定義書を変更管理プロセスに則り、本社などが一元的に標準を維持管理することが定着の鍵となるため、管理ツールの導入、プロセス・維持管理の体制構築も求められます。

そこで、このような日本企業のご要望にお応えすべく、グローバル展開を推進する日本企業の「グローバル標準」業務プロセスやルールの策定に数多くの実績を持つクニエと、標準業務プロセスなどを一元的に維持管理可能な、プロセス管理リポジトリ「ARIS」をもつソフトウエア・エー・ジーとがこの度連携し、日本企業のグローバルへの“統制”の効いた“進出・拡大”を強力にご支援させていただく運びとなりました。

プレスリリース本文