PLM

PLM(プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)

真の製品のライフサイクル管理(PLM)を行うための「普遍的業務体系」と「情報管理基盤」をグローバルで必要となるモノづくり業務に合わせて構築するサービスを提供します。現在の製品に求められるものは、各地域に合わせた最適仕様であり、その仕様を満たす最適なQCDEで販売や生産・調達を実現する仕組みがPLMに必須となります。

「普遍的業務体系」の構築には、製品や工場で異なる業務をどこまで標準化できるかがカギになります。これは製品やモジュール/部品の単位、製造プロセスの改変を伴うため大きな会社としての変革の意思決定が必要なものとなります。 「情報管理基盤」は各種部品表(BOM)や日程管理表といった管理情報をCAD/PDM等と連携させ、各組織がコンカレントに動くために必要な情報の流れをITインフラと共に構築します。

お問合わせはこちら

テーマ

  • 各種部品表(設計BOM・製造BOM・サービスBOM等)の再構築
  • 製品コード、部品コード、取引先コード等の体系見直し/再構築
  • 組織横断型の変更管理体系・情報管理体系の構築
  • 仕様と諸元と製品機能を連携させて管理する要件管理BOMの構築
  • 受注生産企業向けの雛型部品表からプロジェクト管理をする仕組みの構築
  • 日程管理と部品表を連携させたマトリックス型WBS管理体系の構築
  • 製品のバリエーション化加速を実現するモジュール化・標準化単位の再構築
  • 受注仕様の見直しと連動した生産標準化改革