経営戦略・事業戦略

調達購買改革

近年日本企業において調達購買部門に対する期待は益々高まっています。これは直近での収益改善・確保だけでなく中長期的な視点で調達購買機能を強化しグローバルでの支出最適化が求められているからです。調達購買部門は経営層からの期待に応えるためにコスト削減のみならず、事業モデルへの貢献や最適なサプライヤ戦略の策定と実行、広範囲なサプライヤリスクマネジメント、支出の見える化、サプライチェーン全体でのサステナビリティの確保など多くの調達購買改革を求められています。
クニエでは多くの調達購買プロフェッショナルが直接材、間接材問わず企業支出全体に対しグローバルな視点から幅広いコンサルティングサービスを提供します。

お問合わせはこちら

テーマ

【調達購買戦略】

  • ビジョンミッション作成サポート
  • 中計作成サポート
  • 事業戦略にアラインした調達戦略の再定義

【直接材調達】

【間接材調達】

【クラウドシステム・情報基盤】



事例・レポート

調達購買改革 レポート一覧はこちらをご覧ください。



プロフェッショナル

クニエの調達購買改革チームは実績、顧客評価、人員体制、経験、幅広いサービスの提供などコンサルティング業界でも指折りのプロフェッショナルチームです。
プロフェッショナルメンバーのご紹介はこちらをご覧ください。



調達購買トレーニング・セミナー

クニエはプロフェッショナルにより調達購買トレーニングセミナーを実施しています。主要サービスは以下の3つのサービスです。詳細はこちらをご覧ください。

  • オープンセミナー(クニエ主催セミナー)
  • 企業・団体向け企業内集合研修
  • 調達・購買教育プログラム開発


調達・購買トレーニング・セミナー 詳細・申込はこちらから