クニエ漫画グランプリ2021
クニエ漫画グランプリ2021
第3話
配信中!
激戦を勝ち抜いたグランプリ候補6名
による連載開始!

テーマ:仲間

仲間のシカク【仲間】ノミネート作品を読む

仲間のシカク【仲間】

もりた毬太

グランプリノミネート作品審査員コメント

佐渡島 庸平

佐渡島 庸平
株式会社コルク 代表取締役社長CEO

佐渡島 庸平
株式会社コルク 代表取締役社長CEO
仲間が死んだときに自分が相手に対して、ひどい勘違いをしてしまっていたことに気づき、悔しがる男の切なさが非常にリアリティのある形で描かれている。

仲 暁

仲 暁子
ウォンテッドリー株式会社 代表取締役CEO

仲 暁子ウォンテッドリー株式会社 代表取締役CEO簡単には言い表せない、エゴや嫉妬、尊敬などが混じり合ったリアルな友情が描かれていました。
読了後、「仲間」というテーマを強く感じました。

たられば

たられば
編集者

たられば編集者亡くなった友人を偲ぶことで「仲間」を意識する話。そうか、「偲ぶ」という字は「人偏に思う」なんですねえと、今さらながら気づきました。いつも気づくのがちょっと遅い。本作の主人公と一緒ですね。
「ありがとう」が言えなかった経験はずっと引きずることになるので、やや多めに、普段から乱発気味に言っておいたほうがいいなと、本作を読んで思いました。上とか下とか考えだすと、仲間意識って持ちづらいですよね。だから「同じ場所を眺める」というのが大事なんだと思います。

勝俣 利光

勝俣 利光
株式会社クニエ Executive Vice President 事業全体統括責任者

勝俣 利光株式会社クニエ Executive Vice President 事業全体統括責任者コンサルタントは専門職であるがゆえに、専門性を競いあって切磋琢磨するという文化があります。時にその競争にばかり目を取られて、同じ会社や同じプロジェクトの仲間を競争者としか思わなくなって、協力心や協調心を失う人も出てきます。
本作品は、仲間であったはずのメンバーが、時を経て成功の度合いに差がついてしまい、競争心の強い主人公は、自己卑下を感じたり、相手に威張られていると感じてしまい、もはや仲間にはなりえないと感じていましたが、実はほかのメンバーは主人公に対して相変わらずの仲間として励まし、尊敬し、慕っていてくれており、変わってしまったのは自分の方だったということに気づくという、仲間を大切にする思いの大事さに気づかせてくれる作品です。
クニエでは、自分の成功に向かって努力することはもちろんですが、仲間や相手の成功に対して自分がコミットするという「互いの成功にコミットする」という仲間意識と助けあいの精神を大切にしています。

クニエ

免責事項