株式会社QUNIE

NTT DATA Group

マイナンバー制度 トータルサポートサービス - 対応方針䛾検討から制度䛾運用まで -

マイナンバー制度とは何か?

マイナンバー制度(正式には社会保障・税番号制度)とは、複数の機関に存在する個人の情報を同一人物の情報であるということの 確認を行うための基盤であり、マイナンバー制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現する ための社会基盤(インフラ)です。それら基盤を活用するためには、民間事業者でも様々な取組みを実施する必要があります。

なぜEPM製品なのか? ~早期効果の獲得~画像クリックで拡大表示

マイナンバー制度導入スケジュール(平成27年1月時点)

なぜEPM製品なのか? ~早期効果の獲得~画像クリックで拡大表示

企業は何をしなければならないのか?

マイナンバー制度導入による企業への影響

ほとんどの企業で関係するのが、源泉徴収票(給与支払報告書)等、調書への従業員のマイナンバーの記載です。 マイナンバーが利用出来るのは、源泉徴収票等への記載等の法律が定める業務に限定されており、その他の目的に使用することは 禁止されています(本人の同意があっても禁止)。そのため、マイナンバー制度が開始された際には、マイナンバーをどう管理するか、 取扱い可能な部署や担当者をどう制限するか等の社内規程、手続き等の整備や社員教育も必要になることが考えられ、民間事業者 では、煩雑な作業と情報管理の厳格化への対応が求められます。

マイナンバー制度導入スケジュール(平成27年1月時点)

なぜEPM製品なのか? ~早期効果の獲得~画像クリックで拡大表示

QUNIE マイナンバー制度 トータルサポートサービス

マイナンバー制度対応では、求められる業務変更・システム改修等を短期間で行う必要があります。 QUNIEのトータルサポートサービスでは、方針検討から制度運用までを国内トップクラスのサービスベンダーと協働し、 貴社のマイナンバー制度運用体制をサポートします。

サービス概要

対応する上でのポイント ~管理の幅と深さの定義~画像クリックで拡大表示

サービス例:マイナンバー制度対応コンサルティング

クイックスキャンでは、貴社の事業内容等に基づき、マイナンバー制度対応に必要な業務要件を明確化します。 そのうえで、マイナンバー制度対応に向けて主に3つのオプション(自社システム改修/パッケージ導入/アウトソーシング)の中から、 人事・業務・システムのコンサルティングで培ったスキルと経験をもとに、貴社にとって最適な方式を策定し、業務設計を行います。

対応する上でのポイント ~管理の幅と深さの定義~画像クリックで拡大表示

なぜQUNIEか?

QUNIE独自のテンプレートと豊富なナレッジをもとに、貴社にとって最適な対応方針の検討をゼロから、かつ迅速にサポートできます。 また、対応方針の設計で終わるのではなく、継続運用可能な業務運用の実現までをトータルにサポートすることができます。

QUNIEのEPM製品の導入事例画像クリックで拡大表示