QUNIE

寄稿・記事

2020.11.19

TechRepublic Japan
【連載寄稿】「クラウドとテレワークが再考迫る情報セキュリティの常識」
ディレクター 倉橋 孝典

第1回 全員テレワークで帯域が逼迫 --急激に訪れた境界型セキュリティの限界 (2020年9月24日)
第2回 これから必要なのは侵入後の対応策 --今取るべきセキュリティ対策の本筋 (2020年10月8日)
第3回 クラウド時代のセキュリティモデル「ゼロトラスト」がなぜ必要なのか (2020年10月22日)
第4回 セキュリティ責任共有モデルで考える --クラウド利用率18%の真の理由 (2020年11月5日)
第5回 人材不足の背景から考える --日本独自のセキュリティプラットフォームのあり方 (2020年11月19日)

ページ先頭へ戻る

CLOSE