QUNIE

PLM
(設計開発)

グローバル化が進むなか、現在の製品に求められるものは、国や地域に合わせた最適仕様であり、その仕様を満たす最適なQCDE(Quality, Cost, Delivery, Environment)で販売や生産・調達を実現する仕組みが必須となります。
「普遍的業務体系」の構築には、製品や工場で異なる業務をどこまで標準化できるかがカギになり、これには製品やモジュール/部品の単位、製造プロセスの改変を伴うため、会社としての変革の意思決定が必要です。 また、「情報管理基盤」は各種部品表(BOM)やドキュメントといった情報をCAD/ERP等と連携させ、各組織がコンカレントに動くために必要な情報の流れをITインフラとともに構築する必要があります。
QUNIEでは、これらの課題を解決し、製品のライフサイクル管理を行うための「普遍的業務体系」と「情報管理基盤」をグローバルで構築するサービスを提供します。

テーマ

▪目的達成のための戦略立案

▪普遍的業務体系の構築

▪特有業務体系の構築

▪情報管理基盤の構築

CLOSE