QUNIE

NEWS RELEASE

2016.07.19

NTTデータなど5社でHinemosのアライアンス体制を構築
~国内外へのHinemosのビジネス展開を一層強化~

株式会社NTTデータ
NTTデータ先端技術株式会社
株式会社NTTデータ関西
株式会社クニエ
株式会社アトミテック

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)、NTTデータ先端技術株式会社(以下:NTTデータ先端技術)、株式会社NTTデータ関西(以下:NTTデータ関西)、株式会社クニエ (以下:クニエ)、株式会社アトミテック(以下:アトミテック)は、2016年7月19日より、国内外へのHinemos(注1)のビジネス展開の強化を目的としたアライアンス体制「Hinemosアライアンス」を発足します。

本アライアンス体制では、各社の強みを生かしてビジネス領域、規模、地域に合わせた最適なソリューションを展開していきます。また、継続的に顧客ニーズを収集して、製品にフィードバックする体制を強化していきます。これらにより、これまでの運用管理の枠にとらわれない機能・サービス・ソリューションのスピーディーな提供を実現します。また、保守体制の強化や販売チャネルの充実により、エンドユーザーにおいては、より入手しやすく安心してHinemosを使用可能となります。

今後も本アライアンス体制により一層のHinemosの普及を図るとともに、Hinemos構築・保守サービスやHinemosパッケージ販売により、年間50億円の売り上げを目指します。

 

【背景】
近年、クラウド・仮想化などの技術の普及により、国内外でのITインフラのリソース確保・変更が容易となり、多様化する顧客ニーズへの対応やグローバル競争への進出が活発化しています。その一方で、システム運用がより複雑化する傾向があることから、低コストかつ高機能なシステム運用を可能とするHinemosの利用が拡大しています。
NTTデータは、これまでHinemosの開発・保守サポートのオーナーとしてHinemosビジネスを推進するため、Hinemosをビジネスに活用する企業に対してパートナープログラムによる支援を行うことでシェアを拡大してきました。
今回、NTTデータと、それぞれ得意領域をもつNTTデータ先端技術、NTTデータ関西、クニエ、アトミテックの5社は、Hinemosをオープンソースソフトウエアとして普及・展開していくとともに、国内販売の強化や海外展開など、さらなるHinemosビジネスの拡大と加速に向け、アライアンス体制を構築することとしました。

 

【概要】

  1. 本アライアンスの概要と狙い
    NTTデータ、NTTデータ先端技術、NTTデータ関西、クニエ、アトミテックの5社は、アライアンス体制を構築します。これにより、一層迅速な機能向上・サービス提供や、ビジネス領域、規模、地域に最適なHinemosソリューションの共同開発により、Hinemosの導入を促進します。
  2. 本アライアンスの主な活動
    5社アライアンス体制の各社共同ソリューションとして、他運用管理製品からの移行など、国内各地域への展開を強化します。また、SAPなど既にHinemosが多く導入されている市場をベースに、Hinemosの海外展開を進め、グローバルスタンダードの地位確立に向けて、機能・サービスの強化を推進します。
  3. 本アライアンスの体制
    ・ 体制名称:Hinemosアライアンス
    ・ 発足日:2016年7月19日
    ・ 活動事務局所在地: NTTデータ先端技術(東京都中央区)

 

【施策およびその効果】

  • プロフェッショナルサービス体系化による導入促進
    他運用管理製品からHinemosへの移行サービスや、複雑な運用要件の整理といった前工程に対するコンサルティングサービスなど、これまで多くの相談や要望のあったプロフェッショナルサービスの体系化と実施体制の拡充を図ります。これにより、より迅速かつ容易なHinemosの導入が可能となります。
  • 日本国内販売網の整備
    国内シェアを拡大するため、首都圏を含む各地域に対して、SMB(注2)領域から大規模な環境まで広く導入を促進する国内販売網を整備・強化します。これにより保守体制の強化や販売チャネルの充実を行い、より多くのお客さまに対して、Hinemosを利用した安心・安全な運用の提供が可能となります。
  • グローバル対応の整備による海外市場への進出
    日本発の運用管理製品として、製品・保守体制のグローバル対応を整備し、NTTデータにおけるお客さまの海外事業支援や、NTTデータの海外関連企業における導入を推進します。また、海外リージョン特性を踏まえたビジネススキームを整備し、国内同様のソフトウエア・サービスビジネスとしての展開を図ります。
  • 新しい事業領域への進出
    お客さまビジネスの多様化・拡大に伴う「運用」の定義の広がりに対して、新技術を積極的に取り入れ、従来のITシステム運用管理の枠にとらわれない機能・サービスの開発・サポート体制を整えます。これにより、AIや機械学習の技術を活用したオンプレミスおよびクラウド環境の運用自動化・無人化の実現や、IoTと既存の業務システムの連携など、新たなIT技術のさまざまな可能性を支えていきます。
  • 効率的な製品・サービスの改善
    開発/保守体制を一元化することによりスムーズなサービス提供を実現します。これにより、顧客課題のシームレスな把握が可能となり、よりスピーディーかつ高度・高品質な運用を実現します。

 

【各社の役割】

  • NTTデータ                       … 国内および海外へのHinemos導入の推進
  • NTTデータ先端技術      … Hinemosの機能・サービス・ソリューション開発および保守サポートの推進
  • NTTデータ関西              … 国内の地域ビジネスの推進
  • クニエ                                   … 企業向けの導入・活用の推進
  • アトミテック                       … SMB領域向けビジネスの推進

 

図:Hinemosアライアンス体制

 

【今後について】
NTTデータ、NTTデータ先端技術、NTTデータ関西、クニエ、アトミテックの5社は、従来NTTデータで実施してきたHinemosビジネスの主管業務に対し、本アライアンス体制への移行および再編を行います。現在Hinemosの各種サービスを利用中のお客さまおよびパートナープログラムの参画企業へのよりメリットのあるサービスを提供するとともに、2017年4月を目処に本アライアンス体制による本格展開を開始します。この体制を通じて、市場が確立した国内企業へのHinemosをより一層推進し、国内市場におけるデファクトスタンダードを目指すとともに、APAC、米州、EMEAなどへのHinemos海外進出に向けての検討を行います。今後、このようなHinemosの普及、Hinemos構築・保守サービスおよびHinemosパッケージ販売により、年間50億円の売り上げを目指します。

 

【アライアンス体制の各社紹介】

  • NTTデータ
    NTTデータは、お客さまの「変革パートナー」として、提案からシステムづくり、その先の活用に至るまで、トータルにご提供することが私たちの使命です。現在は、世界40カ国以上で、グローバルな視野と、地域ごとのきめ細やかな対応力をもって、お客さまの変革をサポートしています。
    Hinemosに関して、お客さまの変革を支える運用基盤として国内外へ展開するとともに、自動化への取り組みを推進し効率的かつ低リスクな運用ソリューションの実現を目指します。
    http://www.nttdata.com/jp/ja/index.html

 

  • NTTデータ先端技術
    NTTデータ先端技術は、高度な専門性と最先端の技術力を誇るITシステム基盤プロフェッショナルとして、ITシステム基盤のコンサルティング、設計、構築、製品販売、保守、セキュリティー、トレーニングを提供しています。NTTデータグループの一員として培ったさまざまなITシステムにおける豊富な設計構築実績を有し、ビッグデータなどの最新技術や製品およびオープンソースソフトウエアをいち早く活用した提案ができることが強みです。
    より安心してHinemosをご利用頂けるよう品質とサポートの拡充と、新たな運用の価値を提供する機能・サービスの迅速な展開を行っていきます。
    http://www.intellilink.co.jp/

 

  • NTTデータ関西
    株式会社NTTデータ関西は、NTTデータグループの有するさまざまな商品・サービスおよびノウハウを最大限に生かしつつ、関西圏はもとより、全国・海外も視野に入れ、お客さまにとって最適なITシステムを提案・提供しています。お客さまの変革をサポートするコンサルティングから導入後のIT活用策の提案まで一貫したサービスを提供し、お客さまのITパートナーとして、お客さまと一緒に夢の実現を目指しています。
    これまでのHinemos導入実績とNTTデータ地域会社ならではの機動力を生かし、Hinemosに関する設計から構築・移行・保守までのトータルサポートを全国各地に展開して参ります。
    http://www.nttdata-kansai.co.jp/

 

  • クニエ
    株式会社クニエはNTTデータグループのビジネスコンサルティング会社です。さまざまな変革に挑戦されるお客さまのパートナーとして、高度な専門性と経験を有するプロフェッショナルが幅広いソリューションを提供し、お客さまの変革の実現をグローバルベースで推進致します。
    Hinemosに関して、企業のIT基盤の変革ツールとして、運用業務の効率化、コストの最適化、より高度なIT活用等を支援致します。また、基幹システム向けにSAP連携機能などのソリューションも提供して参ります。
    http://www.qunie.com/

 

  • アトミテック
    株式会社アトミテックは2004年の設立以来、一貫してオープンソースソフトウエアやインフラ関連技術をビジネスの中心に据え、オリジナルソリューションの提供に尽力しております。これまでに培った専門性、知見により、多種多様なご要望を持つさまざまなお客さまに対し、さらなる価値の提供を目指して参ります。
    Hinemosに関して、これまでの豊富な導入、保守サポート実績を基に対象となる企業、ビジネス規模に最適なご提案を促進していきます。
    http://atomitech.jp/

 

(注1)Hinemosとは、複数のコンピューターを単一のコンピューターのようなイメージで運用管理できる、オープンソースソフトウエア(OSS)です。
(注2)SMBとは、中堅・中小規模の企業を指す略称、またはそれらを対象としたビジネスのことです。
*「Hinemos」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
*その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

■報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ 広報部 後藤(尾)
Tel:03-5546-8051

NTTデータ先端技術株式会社 営業推進部 営業推進担当 広報グループ 大西
Tel:03-5843-6860

株式会社NTTデータ関西 企画総務部 営業推進室 広報G 中村
Tel:050-5545-3095  e-mail:information@nttdata-kansai.co.jp

株式会社クニエ 経営管理本部 広報担当 加島
Tel:03-5785-2292 e-mail: info@qunie.com

株式会社アトミテック 東京本社 Hinemosソリューション部 中西、高埜、田中
Tel:050-3775-7632 e-mail: hsd-sales@atomitech.jp

■製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ     技術革新統括本部 システム技術本部 方式技術部 第三統括部 統合開発クラウド担当 谷越、武藤
Tel:050-5546-2496

NTTデータ先端技術株式会社 ソリューション事業部 運用管理ソリューションビジネスユニット 大上、澤井
Tel:03-5859-5457

株式会社NTTデータ関西 法人システム事業部 第三法人システム担当 高井、佐々木
Tel:050-5545-3139

株式会社クニエ Hinemos担当 阪田
Tel:03-5785-2292

株式会社アトミテック 東京本社 Hinemosソリューション部 中西、高埜
Tel:050-3775-7632

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページ先頭へ戻る

CLOSE