QUNIE

NEWS RELEASE

2017.08.09

ビジネスコンサルティングのクニエ、AWS上でSASを活用した分析サービスの提供を開始
~お客様のビックデータ分析と活用を推進~

株式会社クニエ

NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエ(本社:東京都港区、社長:高木真也 以下、クニエ)は、アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下、SAS)のソフトウェアを活用した分析サービスを2017年8月9日より提供開始します。本サービスは、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のクラウドサービス上への分析基盤構築から、データ分析・活用のコンサルティングまで一貫して提供を行うものです。クラウドサービスを利用することで、企業は分析基盤をスピーディー・低コストで導入ができ、かつクニエの豊富な知見を基にした分析手法による、より有効なデータ活用が可能となります。

 

【背景】
企業のIT環境は、クラウドサービスの活用が急速に進行し、その対象は分析基盤システムにも拡がっています。また、IoTによるデータの収集など新たなデータ分析が可能になったことで、重要な意思決定を以前よりはるかに迅速に下せるようにもなっています。一方、企業が保有するビッグデータは多種多様で、より目的に即したデータの分析や活用が求められています。
お客様のこうした要望にお応えすべく、このたびクニエは、SASを活用した分析サービスを、導入からデータの分析、およびそのデータを活用した新たなビジネスの創出支援まで一貫したコンサルティングサービスを行う運びとなりました。

 

【SAS分析サービスの概要】
AWSクラウドサービス上で、SASを活用した分析サービスとその分析に基づくビジネス企画を支援します。

・AWS設計・設定
・データベース導入
・SASサーバインストール
・SASクライアントインストール
・Hotfix(注)適用
・SASインストールコンポーネントの動作確認
・バックアップ、監視 設計・設定
・AWSクラウドサービスを活用した分析サービス
・分析に基づくビジネス企画支援

 

【サービス導入の効果】
クラウド上に分析基盤を構築することで、分散処理等を行うための環境投資の必要がなく、膨大なデータ分析を瞬時に行え、かつ導入コスト・期間を抑えることが可能となります。
また、クニエの豊富な知見に基づくコンサルティングによる、より効率的なデータの分析や分析データを活用したビジネスを実行可能にします。

 

【ビジネスプラン】
クニエは、SASのビジネスコンサルティングパートナーおよびAWSのコンサルティングパートナーとして、これらをはじめとするサービスやソフトウェアを活用した企業のデータ分析に関するコンサルティングサービスを提供しています。本サービスを顧客企業のTCO(Total Cost of Ownership)とデータ活用の最適化を実現する効果的なサービスと位置付け、初年度、10社のサービス提供を目指します。またAmazon RedshiftやAmazon EMR等のサービスと連携の上、お客様のビックデータ活用ニーズに対応した柔軟なオプションを提供します。

 

株式会社クニエについて
株式会社クニエはNTTデータグループのビジネスコンサルティング会社です。様々な変革に挑戦されるお客様のパートナーとして、高度な専門性と経験を有するプロフェッショナルが幅広いソリューションを提供し、お客様の変革の実現をグローバルベースで推進致します。
http://www.qunie.com/

 

(注)Hotfix(ホットフィックス):ソフトウェアに危険度の高いセキュリティ上の脆弱性など深刻な不具合が発見された場合に、緊急に発行される修正プログラム
* SAS、SAS ロゴ、記載されているすべてのSAS 製品およびサービス名は米国にあるSAS Institute Inc.やその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
* アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web ServiceおよびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
*「AWS商標」とは、以下のAWSおよびその関連会社の商標、サービスマーク、サービス名または商号、ロゴ、商品名その他の表示等をいう。(i)以下の2つの形式による “Powered by Amazon Web Services”のロゴ(「本件ロゴ」)、および(ii) “Amazon Web Services”, “AWS”, “アマゾン ウェブ サービス”, “Amazon EC2”, “EC2”, “Amazon Elastic Compute Cloud”, “Amazon Virtual Private Cloud”, “Amazon VPC”, “Amazon SimpleDB”, “SimpleDB”, “Amazon S3”, “Amazon Simple Storage Service”, “Amazon CloudFront”, “CloudFront”, “Amazon SQS”, “SQS”, “Amazon Simple Queue Service”, “Amazon Simple Email Service”, “Amazon Elastic Beanstalk”, “Amazon Simple Notification Service”, “Amazon Route 53”, “Amazon RDS”, “Amazon Relational Database”, “Amazon CloudWatch”, “AWS Premium Support”, “Amazon FPS”, “Amazon Flexible Payments Service”, “Amazon DevPay”, “DevPay”, “Amazon Mechanical Turk”, “Mechanical Turk”, “Alexa Web Search”, “Alexa Web Information Service”, “Alexa Top Sites”, “Alexa Site Thumbnail”, “Amazon FWS”, “Amazon Fulfillment Web Service” , “Elasticache”, “Amazon Glacier”, “AWS Marketplace”, “AWS CloudFormation”, “Amazon CloudSearch”, “Amazon DynamoDB”, “DynamoDB”, “Amazon Redshift”, “Amazon Kinesis”およびその他その時々においてAWSが提供するAWS商標または本サービス。
* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

 

【本件に関する報道機関からのお問い合わせ】
株式会社クニエ
経営管理本部 広報担当 三宅 伸子
TEL. (03)5785-2292 FAX. (03)5785-2293 Email. miyaken@qunie.com

【本サービスに関するお問い合わせ】
株式会社クニエ
営業担当 塚越 大輔
TEL. (03)5785-2292 FAX. (03)5785-2293 Email. tsukagoshid@qunie.com

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページ先頭へ戻る

CLOSE