QUNIE

NEWS RELEASE

2021.05.19

「情報×人のつながり創り」を支援するナレッジマネジメントソリューション「knowler」を提供開始
~AIとMicrosoft Teamsを活用し、デジタル時代に求められる迅速な価値創造や働き方変革を実現~

NTTデータ先端技術株式会社
株式会社NTTデータ
株式会社クニエ

NTTデータ先端技術株式会社(本社:東京都中央区、以下:NTTデータ先端技術)と株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、以下:NTTデータ)、および株式会社クニエ(本社:東京都千代田区、以下:クニエ)の3社は、5月19日よりナレッジマネジメントソリューション「knowler」の導入支援サービスを開始します。
knowler
はMicrosoft Office 365やさまざまな場所に存在する多様なデータ(テキスト、ドキュメント、有識者・人脈情報などのKnow-Who情報)と連携し、オントロジー(注1)やAIを活用して自動的に分類・意味づけを行うことで、大量のコンテンツや人材情報に対する効率的な情報探索をサポートします。また、ユーザーインターフェースとして「Microsoft Teams」とも連携しているため、コミュニケーションプラットフォーム上でのシームレスな情報連携が可能となります。
本ソリューションの導入にあたっては、IT基盤構築やナレッジマネジメントに知見のある3社が連携し、導入計画策定から運用までをトータルに支援します。これにより情報探索だけでなく「情報×人のつながり創り」を促進し、迅速性が求められるデジタル時代の価値創造や働き方改革を実現します。

 

【背景】
昨今の急速なデジタル化の進展により、新ビジネス創出や業務変革には、組織や業界を超えたナレッジ活用が不可欠となっています。
しかし、業務のグローバル化やテレワークが“当たり前”の時代になったことで、対面による人と人との接点が減少し、これまでの個人の伝手に頼った情報収集や共有が困難になりつつあります。その影響により、誰に聞いたら良いか分からない、仕事に必要な情報が共有されないといった問題が増加し、社内の有効なリソースを認知・活用できず、顧客対応の遅延やビジネス機会逸失が懸念されています。
これらの課題を解決するべく、このたびNTTデータ先端技術、NTTデータおよびクニエの3社は5月19日よりナレッジマネジメントソリューションknowlerの導入支援サービスを開始します。

 

【knowlerの概要】
knowlerは、企業内の多様な構造データ(ERP、データベース等)・非構造データ(テキスト、ドキュメント、有識者、人脈情報等)に対し、オントロジーやAIを活用して自動的に分類・意味づけを行います。また、それらの多様なコンテンツや人材情報に対する横断的な情報探索機能を提供するほか、コミュニケーションプラットフォーム「Microsoft Teams」とも連携することで、シームレスな情報連携が可能となります。

図:knowlerの概要

 

【knowlerの特長】
■Microsoft Office 365や社内システムとの自動連携により、迅速かつ効率的な情報収集を実現
knowlerはMicrosoft Office 365といったクラウドサービスや社内システムとの自動連携により、ビジネスに必要なコンテンツ(注2)や人脈情報などをスピーディーに収集します。さらに収集したコンテンツに対してAIによる自動的な分類・意味づけを行い、効率的な情報探索をサポートします。

■AIの活用による高度な情報探索・連携を支援。デジタル時代のビジネスニーズに迅速に対応可能に
knowlerは一般的なテキスト検索のほか、「自然言語処理」による検索者の意図に即した情報提供、「機械学習」によるユーザー特性に応じたレコメンド、関連性・ファクトデータを見やすくビジュアル化する機能を備えています。これにより効率的に最適なコンテンツや人の情報を参照・探索することができるため、提案書などをはじめとした各種ビジネス文書のスピーディーな作成等にも活用することができます。
さらにユーザーインターフェースとしてMicrosoft Teamsとも連携しており、コミュニケーションプラットフォーム上でのシームレスな情報連携が可能となります。

 

【knowler導入サービスについて】
ナレッジマネジメントに精通したNTTデータ先端技術、NTTデータとクニエが連携し、営業改善や人材育成、組織変革などのさまざまな業務改革について、knowlerの導入計画策定から運用までをトータルで支援します。これにより情報探索だけでなく“人と人とのつながり創り”を促進し、デジタル時代に求められる迅速な価値創造や働き方変革等を実現します。
また、顧客ニーズにスピーディーに対応するために、開発元であるeveris社(注3)や、フロント開発を得意とするNTTデータ先端技術のインドの開発センターと連携しながら導入を推進します。なお、日本国内におけるknowlerの取り扱いについては、NTTデータ先端技術による独占販売となります。

 

【各社の役割】
NTTデータ先端技術:NTT DATA Digital Workplace(注4)に係る技術支援の実績やMicrosoft基盤ソリューションの強みを有し、knowlerライセンス・保守販売、構築、導入技術支援、運用を実施します。

NTTデータ:DXの加速に伴い、NTTデータでは本社社員約1万人にknowlerを活用したNTT DATA Digital Workplaceを導入し、社内の情報共有を効率化・高速化することで、既存の枠組みを超えた知識や手法を流通させる取り組みを推進してきました。これらの知見を生かし、お客さまへの導入・活用ノウハウ提供、コミュニケーションサポートを実施します。

クニエ:デジタルワークに係る業務設計コンサルティングの実績を有しており、ナレッジマネジメントやデータ活用をはじめとした働き方変革にかかわる業務コンサルティングを実施します。

 

【今後について】
今後、NTTデータ先端技術、NTTデータおよびクニエは、NTTデータグループにおけるknowlerを活用したナレッジマネジメントのノウハウ・経験を生かした最適なソリューション提案を行い、デジタル時代に求められる迅速な価値創造や働き方変革等を実現します。
また、3社で連携しながら、本ソリューションを主にグループウェアを導入している大企業とそのグループ企業に向けて積極的に提供することで、2025年までに累計50億円の売り上げを目指します。

 

【エンドースメント】
このたびのNTTデータ先端技術さま、NTTデータさま、クニエさまとの協業によるナレッジマネジメントソリューションknowlerを活用したデジタル化の推進を心より歓迎いたします。企業を取り巻く環境が急激に変化している現在において、クラウドを活用した迅速なシステムインテグレーションによるお客さまのDXがより一層求められています。
knowlerとMicrosoft Teams、Office 365の連携は、デジタル時代に求められる迅速な価値創造、そして社員の力を高め組織力を最大化することを目的とした迅速なワークスタイル変革の実現に貢献できるものと確信しています。

日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 パートナービジネス統括本部長  安藤 浩

 

 

(注1)オントロジーとは、あらゆる知識や情報を構造化・整理することで、概念を体系化するモデルのことを指します。

(注2)ドキュメントからの情報の抽出については、NTTデータ先端技術のバックオフィス業務へのAI導入を加速する先進自然言語処理ソリューション「PhroneCore」を活用します。

http://www.intellilink.co.jp/all/topics/20201013/PhroneCore.html

(注3)2014年よりNTTデータのグループ会社。スペインや中南米において金融機関、通信事業者、政府機関やユーティリティー企業、グローバル製造業等を主要顧客とし、コンサルティング、システムインテグレーション、アウトソーシング等幅広いITサービス等を提供しています。

(注4)2019年5月15日 NTTデータ サービスインフォメーション「情報共有ソリューション「NTT DATA Digital Workplace」を展開」

https://www.nttdata.com/jp/ja/news/services_info/2019/051500/

*「PhroneCore」は日本国内におけるNTTデータ先端技術株式会社の商標です。

*「Microsoft」「Office 365」および「Microsoft Teams」は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

*その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

 

【本件に関するお問い合わせ先】
■報道関係のお問い合わせ先
NTTデータ先端技術株式会社
営業統括本部 営業企画推進部 企画担当 甘田(かんだ) Tel:03-5843-6860

株式会社NTTデータ
広報部 田中 Tel:050-3644-3022

株式会社クニエ
広報担当 三宅 Tel:050-3852-7200

 

■製品・サービスに関するお問い合わせ先
NTTデータ先端技術株式会社
ソフトウェアソリューション事業本部 事業推進部 営業担当 三宅、山本 Tel:03-5859-5452

株式会社NTTデータ
技術革新統括本部 デジタル&グローバル推進部 デジタルワークプレイス推進室 立見 E-Mail:dwp@kits.nttdata.co.jp

株式会社クニエ
CS事業本部 デジタルトランスフォーメーション担当 小林 Tel:03-3517-2292

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページ先頭へ戻る

CLOSE