QUNIE

SEMINAR

2018.12.6 <終了>

「デジタル時代のグローバル経営管理のアプローチ」セミナー

開催日
2018年 12月 6日(木)15:30 - 17:30
会場
株式会社クニエ 大阪オフィス会議室
大阪市北区梅田3-3-20 明治安田生命大阪 梅田ビル15F
主催
株式会社クニエ
協賛
Anaplanジャパン株式会社
定員
10名(事前申し込み制。定員になり次第締め切り)

1.デジタル時代のグローバル経営管理のアプローチ
~異なる文化・人・制度を超えた、高速マネジメントの実現

株式会社クニエ 酒井幸良

市場変化、海外展開、事業再編など経営環境が急速に変化していく中、競争・成長を続けていくためには、企業全体・企業グループ全体の力を結集し、迅速で最適な経営判断・業務遂行をすることが求められます。本セミナーでは、デジタル時代における、あるべきグループ経営管理制度(CPM:Corporate Performance Management)とその構築手法について事例を交えながらご紹介いたします。
特に、海外の販売拠点・製造拠点が多く、フォーキャストや実績管理の標準化、高速化がなかなか進まない企業におけるアプローチを取り上げます。

2.Anaplanの提供する「コネクテッド・プランニングプラットフォーム」のご紹介

Anaplanジャパン株式会社 濱田真

グローバル経営管理を下支えするIT基盤にもとめられる要件は、旧来の報告や実績管理を目的とした堅牢性や正確性から、アジリティや変化への柔軟性、見込みや予測の可視化、企業内・企業間のコラボレーション等を可能にする真の経営の意思決定支援基盤に変化を遂げています。
その中で、多くの企業がERPに代表される実行系システムで計画サイクルをまわす事を諦め、表計算シートの「バケツリレー」でそれを代替してきています。この「バケツリレー」を撲滅しながら、経営企画、経理財務、人事、サプライチェーン、研究開発、マーケティング、営業等、あらゆる部門において存在する計画と予実管理業務、これらを組織の壁をこえて単一のプラットフォームで統合する事を可能にする「コネクテッド プランニングプラットフォーム」がAnaplanです。
国内大手企業を含む1000社近いお客様にご利用いただく統合計画ソリューションを、国内外事例やデモンストレーションを交えてご紹介いたします。

ページ先頭へ戻る

CLOSE