QUNIE

SEMINAR

2019.1.29

日本型ロジスティクス4.0に向けた、グローバルレベルでの物流標準 プラットフォーム構築の重要性

物流は今、変革期に突入しています。ECビジネスの活況、デジタル化の波、働き手不足、働き方改革など時代の波をまともに受けているのが物流であり、これら時代の課題を解決するために、AIやIoTを用いて超効率的な物流を構築するロジスティクス4.0への変革が進行しています。このような状況の中、今後の物流ITシステムの進むべき方向をご提案させていただく目的で、このたび、株式会社クニエおよびインフォアジャパン株式会社では「日本型ロジスティクス4.0に向けた、グローバルレベルでの物流標準プラットフォーム構築の重要性」と題した共催セミナーを開催いたします。

コストの追求、サービス向上の追求、品質の追求などの枝葉だけのシステムの刷新ではなく、物流全体で業務を標準化・可視化し、全社規模または、グローバルで統一したWMS(庫内管理システム)の導入を行いながら、個々の目的を達成するための手法、KPI管理などの知見、メリットをご紹介します。最新の自動化機器導入についての指針としてもお役に立つものです。実際に、物流標準プラットフォームとしてご使用いただけるITシステムとして、インフォア社の製品ソリューションについてもご紹介いたします。

開催日
2018年1月29日(火)14:00-16:30 (受付:13:30)
会場
インフォアジャパン株式会社(東京都千代田区有楽町1-1-3東京宝塚ビル16F)
共催
株式会社クニエ、インフォアジャパン株式会社
対象
荷主企業様向け(流通、小売、製造業)
参加費
無料(事前登録制)
定員
30名(お申し込みが多数の場合は、抽選制とさせていただきますので、あらかじめご了承ください)

お申し込みはこちら

    運営事務局のWEBサイトに移動します。

プログラム

13:30

受付開始

14:00~15:00

第一部:日本型ロジスティクス4.0に向けた物流標準化

株式会社クニエ 
ロジスティクスグループ シニアマネージャー
鶴田俊浩

ロジスティクス4.0の時代に進むことにより、物流は高度に省人化され装置産業化していくことが予想されています。
そのような時代に向けて、企業が今実践していくべきことは、業務の標準化であると考えています。サービスにつながる業務は形式知化して存続させ、不要な業務は排除していきます。また、自動化ロボットを利用するためには、当該業務だけでなく、入荷・補充・ピッキング・検品・梱包までトータルに業務を設計し、全世界に展開できる新プロ セスを設計する必要があります。さらには、物流を管理するためのKPIや管理プロセスを標準化することも重要です。
当セミナーでは、ロジスティクス4.0を見据えて“今”何をしなければいけないかという観点から、物流の標準化についてご説明いたします。

15:00~15:15

休憩

15:15~16:15

第二部:グローバル・スマート・ウェアハウスを推進するInfor SCEのご紹介

インフォアジャパン株式会社 
ソリューションコンサルティング本部
プリンシパルソリューションコンサルタント
村上 勇人

スマート・ウェアハウスは、単に倉庫の中の処理を自動化、ロボット化をすれば実現するものではなく、業務の効率化、カスタマサービス、コストなどの視点で総合的にスマート化を目指す必要があります。
マテハン、テクノロジーによる自動化も適材適所で導入して行く必要があります。従来WMSと呼んでいたソリューションも、倉庫の壁を越えて、テクノロジー、情報の壁を越えたグローバル・スマート・ウェアハウスを構築するためのプラットフォームとして最適なソリューションとなっている事をご紹介いたします。

16:15~16:30

質疑応答

ページ先頭へ戻る

CLOSE