QUNIE

SEMINAR

2020.07.29

大学の財源多様化に向けた具体的アクション
~QUNIEの知見と世界No,1 CRM Salesforce / Tableauを用いた財源の管理と獲得~

昨今、運営費交付金/私学助成といった国からの支援の減少や、18歳人口の減少に伴う学生納付金収入の減少により、大学の財務的基盤が揺らぎつつあります。このような状況下にありながら、大学が社会に提供する教育・研究・診療への期待はむしろ高まっています。そのため、大学自らが新たな財源を獲得し、財源を多様化していくことが求められているところです。
しかしながら、財源多様化に向けては、どのようなアクションをとればよいか、悩まれている大学も少なくないのが実態といえます。そこで本セミナーでは、財源多様化に向けた大学がとるべき具体的アクションとして、CRM(Customer Relationship Management)を用いた財源の管理と獲得についてご紹介します。大学に収入をもたらすCustomerである補助金等の交付元、学生、受託研究等の相手方、寄附者等とのコミュニケーションについて一元的な管理を行い、大学の収入見込みの可視化やCustomer毎に必要なアプローチ等の明確化の実現を目指します。
今回は、こうしたCRMの活用により財源多様化を実現している海外の大手大学の実例紹介や、CRMシステムの活用イメージのデモンストレーションも実施します。

開催日
2020年7月29日(水)16:00~17:00
会場
オンラインにて開催
主催
株式会社クニエ
株式会社セールスフォース・ドットコム 
参加費
無料
講師
株式会社クニエ マネージングディレクター 下山 慶太
株式会社クニエ シニアコンサルタント 石黒 智也
株式会社セールスフォース・ドットコム 

お申し込みはこちら

プログラム

テーマ1

大学業界の動向

株式会社クニエ

テーマ2

大学の財源多様化の現状

株式会社クニエ

テーマ3

財源多様化の方向性

株式会社クニエ

テーマ4

財源多様化の具体的ソリューションCRM

株式会社セールスフォース・ドットコム 

ページ先頭へ戻る

CLOSE