QUNIE

SEMINAR

2020.08.06 <終了>

サプライチェーン途絶リスクに備えよ
~"アフターコロナSCM"に組み込むべきリスクマネジメント方法論~

本年初頭より、中国に端を発したCOVID-19のパンデミックにより、多くの企業のサプライチェーンが途絶し、顧客に製品やサービスが供給できなくなる事態が多発しました。また、今回のような“感染症パンデミック”だけではなく、地震や水害、火災などさまざまなリスク事象を原因とした供給トラブルが毎年のように発生しています。
製造業にとって、こうした供給トラブルは事業継続の観点から極めて脅威の大きいリスクであるにも関わらず、その対策を体系的かつ適切に講じられている企業はわずかしかありません。
「サプライチェーンリスクマネジメント(SCRM)」は、サプライチェーンに関わるリスクの把握と評価・対策実行・監視のサイクルを恒常的に繰り返すことにより、リスクに対する対応力・復元力を継続的に高めるマネジメント方法論です。
講演では、今回のコロナショックを契機に、感染症を含むさまざまなサプライチェーン途絶リスクへの対応力強化に課題認識をお持ちの企業ご担当者様を対象に、SCRM導入の具体的な進め方および、その実効性を高めるための課題と対応について、先進的な事例を交えつつご紹介します。

開催日
2020年8月6日(木)14:00~17:00
会場
※セミナー会場にて受講の他、アーカイブ配信 / DVDにて受講も可(お申し込み時に選択)
SSKセミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

主催
株式会社新社会システム総合研究所
対象
サプライチェーン途絶リスクへの対応力強化に課題認識をお持ちのご担当者様
参加費
1名につき 33,440円(税込)
同一のお申し込みフォームよりお申し込みの場合、2人目以降 27,500円(税込)
講師
株式会社クニエ マネージャー 多田 和弘

お申し込みはこちら

外部サイトに移動します。

ページ先頭へ戻る

CLOSE