QUNIE

SEMINAR

2020.09.28・10.05

QUNIE HR labo 特別企画
タレマネの第一歩「人材情報の可視化」
~「人」を知るための必要情報と効果的な可視化手法

ここで言う「人」とは、あなたの会社の優秀人材であり、キーポジション候補者であり、部下である社員です。あなたは、あなたが思い浮かべる社員その人をどれだけ知っていますか?
社員を配置し、育成し、評価するためには、「人」を可視化することがその第一歩ですが、通り一遍の可視化に終始している事例がほとんどです。
本セミナーでは、可視化の対象者、場面に応じて必要となる情報と可視化の手法を解説します。

開催日
2020年9月28日(月)18:00~19:00 (前編)
2020年10月5日(月)18:00~19:00 (後編)
会場
オンラインにて開催
主催
株式会社クニエ
参加費
無料
講師
株式会社クニエ 
シニアマネージャー 岩佐 真人
マネージャー 住田 祐二
 

お申し込みはこちら

プログラム

前編

「人」を知るために必要なデータとは何かを考える

「社員を可視化したい」という話をよく伺います。“可視化する”とはどういうことなのでしょうか?社員とは誰か?誰が見たいのか?何のために見たいのか?可視化といっても一通りのやり方ではなさそうです。
前編では、「人」を知るために、必要な人材情報の種類に焦点を当てて解説します。

後編

用途に応じた人材情報の可視化の手法を考える

「人」を知るためのツールとして、人事台帳、人材カルテ、人材プロファイルなどさまざまなITによるレポート機能が巷にはあふれています。しかし、「人」について、より理解し、さまざまな判断を行うには、同じ情報でも見せ方を変える必要があります。
後編では、「人」を見せるために、情報の種類ごとに時と場合に応じた見せ方に焦点を当てて、その手法を解説します。

ページ先頭へ戻る

CLOSE