QUNIE

SEMINAR

2020.10.21

コロナ禍で再構築の進む東南アジアのSCMの概要

コロナ禍の現在、アジア各国の経済はロックダウンなどの影響を受け、一般消費も失業率も落ち込み、大打撃を受けています。
「海外サプライチェーン多元化等支援事業」の動きも出てきており、感染の収束してきた国、未だ拡大し続けている国と状況もさまざまな中、中国、インド、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシアなどのサプライチェーン運用の現状と展望を示し、アジア全体の供給網見直しの方向性、他社動向をご紹介します。
さらに、アジア各国でのサプライチェーン供給網の現状と今後に向けた施策の具体例についても、ご紹介いたします。

開催日
2020年10月21日(水)15:00~16:15(日本時間)
会場
オンラインにて開催
主催
アスプローバ株式会社
参加費
無料(事前申し込み制)
講師
アスプローバ株式会社  藤井 賢一郎、上村 義孝
株式会社クニエ シニアマネージャー 河野 茂樹

お申し込みはこちら

外部サイトに移動します。

プログラム

15:00~15:10

ご挨拶ならびにアスプローバ社の東南アジアの支援体制の紹介

アスプローバ株式会社 藤井 賢一郎

15:10~15:40

コロナ禍での中国、アセアン、インドのアジア地域全体を見据えたサプライチェーン再構築の方向性

株式会社クニエ シニアマネージャー 河野 茂樹

15:40~15:45

休憩

15:45~16:05

LightSCMの薦め

アスプローバ株式会社 上村 義孝

16:05~16:15

Q&A、アンケート記入

ページ先頭へ戻る

CLOSE