QUNIE

SEMINAR

2021.09.28

導入企業も登壇!請求書等の電子データ化のポイント

コロナ禍を契機に、テレワークをベースとした業務プロセスの構築の一環として、契約書や見積書、発注書、請求書などの文書の電子化を推進する企業や組織が増えています。文書を電子化することにより、書類の印刷、保管などの管理コストの削減や、データによる情報検索性の向上など、従来の紙面主体の業務と比べて大幅な効率化が期待できます。
このセミナーでは、請求書などの電子データ化のポイントを、具体的なソリューションと導入企業の事例を交えて詳しくご紹介します。

開催日
2021年9月28日(火) 17:00〜18:00
会場
オンラインにて開催
共催
トレードシフトジャパン株式会社
株式会社クニエ
対象
企業のマネジメント、経営企画、経理、IT部門の課長クラス以上の方
参加費
無料
講師
トレードシフトジャパン株式会社 代表取締役社長 菊池 孝明
NTTコミュニケーションズ株式会社 プラットフォームサービス本部 アプリケーションサービス部 第二サービスクリエーション部門 担当課長 山上 昌彦
株式会社クニエ マネージャー 安田 晃己

お申し込みはこちら

申し込み期限:9月28日(火) 12:00

プログラム

第一部

電子データ化によるメリットを最大限享受するための勘所

株式会社クニエ マネージャー 安田 晃己

"文書の電子化"には二つの意味が含まれており、1つが"電子ファイル化"であり、もう1つが"電子データ化"です。
"電子ファイル"をベースとした業務プロセスでは、「紙面文書を電子ファイル化する」というタスクが発生することに加え、高性能なOCR機器を使用しても100%の電子化が難しいという課題があります。
"電子ファイル化"から一歩進んだ"電子データ化"を失敗させることなく効果を享受するための勘所をご説明します。

第二部

世界中の企業が参加する企業間取引プラットフォーム"Tradeshift"とは?

トレードシフトジャパン株式会社 代表取締役社長 菊池 孝明

「世界中の企業が参加する企業間取引プラットフォーム"Tradeshift"とは?」
昨今、文書電子化による働き方改革や業務改革に着手する企業が増えています。一方、単純な紙媒体の電子化に留まり改善効果が小さいケースや、取引先の合意を得られず期待通りに業務改革が進まないケースも珍しくありません。従来の電子取引サービスが抱えるこれらの課題を一気に解決するプラットフォームサービス"Tradeshift"についてご説明いたします。

第三部

導入企業が明かす、電子請求の導入のポイントと今後の展望

NTTコミュニケーションズ株式会社 プラットフォームサービス本部 アプリケーションサービス部 第二サービスクリエーション部門 担当課長 山上 昌彦

NTTコミュニケーションズでは2020年からクラウド型請求書電子化サービス「BConnectionデジタルトレード」 を提供開始します。現在、顧客向けのサービスを展開しているほか、自社での導入も進めています。顧客企業への提案・導入の観点のみならず、自社導入の観点を含め、電子請求導入のポイントやや課題などを実例をもとに説明します。

ページ先頭へ戻る

CLOSE