QUNIE

SEMINAR

2022.10.19

<在タイ日系企業向け>
「SCM計画系業務改革」ウェビナー

グローバルベースでポスト・コロナ時代へと移行する中、各方面需要回復の傾向がみられるようになってきました。多くの企業は、守り中心から攻めへの戦略推進へと動いています。しかしながら、コロナ余波による製造、物流の停止や、地政学的紛争による原材料、エネルギー調達の困難など、サプライチェーンへの突発的影響要素は消えることなく、SCM・経営計画にダイナミックな対応能力を備えることが、勝ち抜きの決め手になります。

今日、多くの企業の事業環境変化への対応は、各種必要データを部門個別最適で作成、エクセル等で調整連携をしており、人材のスキル含めて分析の限界、諸判断の属人化などで効率的連携が難しく、タイムリーかつスピーディな意思決定が難しい状況となっています。デジタル・トランスフォーメーションは効果的な対応策ですが、ツール論にとどまらず、最適ツールの有効活用を図った「業務改革」の十分な議論をベースに、新たな業務プロセスとそれを支える体制構築、人材育成が重要と考えます。

この度、数々のSCMや経営管理の業務改革、仕組構築プロジェクトの経験を有する株式会社クニエ、統合計画デジタル・プラットフォームを提供するAnaplanジャパン株式会社、およびタイにおけるAnaplan導入支援パートナーのPMsquare Thailandとの3社共催にて、在タイ日系企業でSCM計画業務、経営管理に携わる経営幹部の皆さまを対象に「SCM計画系業務改革」ウェビナーを開催いたします。当ウェビナーでは、株式会社クニエのSCM/S&OP担当パートナーも参画し、グローバル動向、タイでの動向、業務改革事例、および統合計画プラットフォーム“Anaplan”導入事例を交えて、SCM計画系業務改革の進め方を討議します。

※講演はすべて日本語で実施します。(一部逐次通訳)
※講演内容は予告なく変更されることがありますので、予めご了承ください。

開催日
2022年10月19日(水)14:00~16:00(タイ現地時間)
会場
オンラインにて開催(Microsoft Teams)
※開催日前日に、お申し込みのメールアドレスに参加用URLを送付します。
共催
Anaplanジャパン株式会社
PMsquare Thailand
株式会社クニエ
対象
在タイ日系企業でSCM計画業務、経営管理に携わる経営幹部の方
※コンサルティング、ソフトウエア、プラットフォームサービス同業の方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。  
参加費
無料
定員
50名
講師
Anaplanジャパン株式会社 アジア太平洋地域バイスプレジデント(アライアンス) 濱田 真
PMsquare Thailand BDM K. Tom-Kanidsorn Jirathanachotesakul
PMsquare Thailand Project Management Consultant K. Teng-Boripan Panusoontorn
株式会社クニエ SCM/S&OP担当 パートナー 笹川 亮平
株式会社クニエ タイ担当 パートナー 岡部 修大

お申し込みはこちら

申し込みフォームに移動します。

プログラム

テーマ 1

SCM計画系業務改革
1-1. SCM計画系業務改革の動向
株式会社クニエ SCM/S&OP担当 パートナー 笹川 亮平
1-2. タイにおける計画業務改革の動向
株式会社クニエ タイ担当 パートナー 岡部 修大

テーマ 2

SCM計画系業務統合デジタルプラットフォーム
2-1. Anaplanの概要とタイ向け支援体制
Anaplanジャパン株式会社 アジア太平洋地域バイスプレジデント(アライアンス) 濱田 真
2-2. Anaplan導入プロジェクト事例紹介
PMsquare Thailand BDM K. Tom-Kanidsorn Jirathanachotesakul
PMsquare Thailand Project Management Consultant K. Teng-Boripan Panusoontorn

ページ先頭へ戻る

CLOSE