QUNIE

SEMINAR

2018.07.13・2018.07.06 <終了>

近鉄百貨店様事例紹介セミナー
SAPクラウドで経営情報可視化を効率的に促進

開催日
【大 阪】2018年7月6日(金)  14:00~16:40(受付開始 13:45)
 ※豪雨のため延期
【東 京】2018年7月13日(金) 14:00~16:40(受付開始 13:45)
会場
【大 阪】あべのハルカス会議室D
     (大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1-43 あべのハルカス 25階)
【東 京】赤坂Kタワー3階会議室(東京都港区元赤坂1丁目2-7)
主催
株式会社クニエ、SAPジャパン株式会社
対象
・経営課題方法を模索されているお客様
・経営情報可視化を検討されているお客様
参加費
無料(事前登録制)

お申し込みはこちら

運営事務局のWEBサイトに移動します。

プログラム

13:45~

受付開始

14:00~14:15

ご挨拶

14:15~14:45

SAP Cloud Platform4つの活用パターンと
SAPPHIRE最新情報アップデート

SAPジャパン株式会社
プラットフォーム事業本部
エバンジェリスト
松舘 学

SAP Cloud Platformの4つのパターンで活用方法を解説、基幹系の拡張機能だけにとどまらないクラウドプラットフォームの実力を探ります。
加えて、SAP LeonardoのIoT/マシンラーニングテクノロジーを紹介するとともに、6月上旬にアメリカ・フロリダで開催されるSAP最大のイベント SAPPHIREでの発表内容等をキャッチアップします。

14:45~15:45

活用事例セッション①
近鉄百貨店様 クラウドで経営情報可視化を効率的に促進

【大阪】株式会社近鉄百貨店様
【東京】株式会社クニエ  

15:45~16:00

休 憩

16:00~16:40

活用事例セッション②
Cloud Platformでの基幹システムの次世代拡張開発
お客様事例

株式会社クニエ
シニアマネージャー
海野 晋也

SAP Cloud Platformの最大利活用は、やはり基幹系の拡張開発です。
Fioriだけでなく、Workflow/機械学習/IoT/AIなどを組み合わせることで、次世代基幹システムがQuickに実現可能な時代となりました。
今回は、導入アプローチと成功へのポイントを実例をもとに担当PMがご紹介致します。

16:20~16:30

質疑応答

ページ先頭へ戻る

CLOSE