QUNIE

2021.08.24

今必要とされるAccounting、FP&A部門のイデオロギー破壊

~DX推進、その前に~(Board Day Japan 2021)

00:25
  • ディレクター 鈴木 哲也
  • シニアマネージャー 野瀬 裕太

DX推進というキーワードを多く見かける昨今ですが、日本大手企業の実態は2025年の崖問題に象徴されるように既存システムの運用保守に手一杯であり、前向きなDX投資にITリソースを注ぐ余裕がない、という会社も少なくないと思います。その背景には日本ならではのシステム構築手法、経理・業績管理部門の要件をひたすらアドオンで対応する慣習があります。
また、業務部門全体のITリテラシーが不足していることも要因の1つです。IT部門任せではなく、AccountingおよびFP&A部門も自分事として捉え、意識を変えてITリソース枯渇問題に取り組む必要があり、そこに対応しないとその先のDXは見えてきません。
本動画・資料では、実際に改善に取り組んでいる事例を踏まえて、当該課題への打ち手について解説しています。

※本動画は2021年7月15日に開催されたバーチャルイベント「Board Day Japan 2021」にて行った、株式会社クニエによる講演の録画です。

このコンテンツをご利用いただくには、
利用者登録が必要になります。
User registration is needed to download the materials.

利用者登録 Registration
セミナー資料 Download PDF

ページ先頭へ戻る

CLOSE