QUNIE

TOPICS

2020.05.18

「今のままでは破綻--文書管理から見るペーパーレスの未来 」
TechRepublic Japanで連載開始!

業務改革をITで支援する情報サイト「TechRepublic Japan」にて、QUNIEインシデントリスクマネジメント担当 マネージャー 難波 孝による連載が開始しました。

近年、事業拡大や海外進出、さらには働き方改革やAIの活用を検討・導入する企業が増加する中、文書の電子化が進んでいます。その一方で、電子データや紙文書の管理と運用が十分にできておらず、それらの取り組みが有効活用できていない企業が多々見受けられます。

新型コロナウィルス対策によりテレワークの普及が急速に進み、文書の電子化もより一層進むものと思われる中、企業が陥りがちなポイントと改善すべき点について、インシデントリスクの観点から4回の連載で解説します!

 

 

 

 

掲載概要

■媒体 TechRepublic Japan(外部リンク)
■連載    今のままでは破綻--文書管理から見るペーパーレスの未来
第1回: なぜ会社から「紙」はなくならないのか --紙の存在が業務効率を低下させている(2020年5月18日)
第2回: 日本企業における文書管理システムの黒歴史 --「検索性」の意味を勘違い(2020年6月1日)
第3回: 今のままの文書管理で起こり得る問題 --米裁判での敗訴、テレワークの不完全化(2020年6月15日)
第4回:企業が目指すべき文書管理への行程 --現状を把握して整理するだけで30%削減(2020年6月29日)

 

 

関連情報

Quriosity
■連載 インシデントリスクと向き合い有事に備えよ
第1回: 俯瞰的リスクマネジメントの必要性 ~不正・不祥事への対応と業務効率化は表裏一体~
第2回: 電子データに潜むインシデントリスク ~eDiscoveryに備えるために~
第3回: 企業に巣くう不正の兆候を見つけるには ~定期メール監査の活用による不正の早期発見~QUNIEインシデントリスクマネジメントサービスについて
QUNIEでは、インシデント/クライシス対応の豊富な経験を有したコンサルタントが、公的エビデンスとしても耐えうる紙文書の電子データ化や、業務実態に即した適切な文書管理規定の策定など、インシデントリスクマネジメントの観点から効果的な文書管理を支援しています。(Read more)

ページ先頭へ戻る

CLOSE