QUNIE

SEMINAR

2020.06.10・06.17・06.24 <終了>

Webセミナー(3回シリーズ)
新型コロナ危機からの回復期の今、なすべきこと
~タイムリーな業績把握とコスト削減による利益捻出への取り組み~

中国は新型コロナ危機からの回復期にありますが、企業活動へのダメージは大きく、業績予測が難しいという企業様が多いのが現状です。その課題に対して、今取り組むべきことは「経営情報の可視化」と「コスト削減」だと考えています。この2面からアプローチすることで、業績をタイムリーに把握し本業の回復が厳しい中でも利益を捻出できるように備えることができます。
今回のセミナーは3回構成とし、各テーマについて考え方や進め方、弊社のプロジェクト事例をご紹介します。

開催日
6月10日(水)15:00~15:40(開場 14:50)
6月17日(水)15:00~15:40(開場 14:50)
6月24日(水)15:00~15:40(開場 14:50)
会場
オンラインにて開催
主催
株式会社クニエ
対象
総経理、管理部門責任者
※講演は日本語で行います。
※同業者のお申し込みは、ご遠慮ください。
参加費
無料
講師
株式会社クニエ シニアマネージングディレクター 上野 豊

お申し込みはこちら

お申し込みボタンをクリックいただだくとメーラーが立ち上がります。
1.貴社名 2.部署 3.役職 4.お名前(ふりがな) 5.お電話番号 6. ご参加希望回を記載し、個人情報の取り扱いについてご同意いただいたうえで、メールを送信してください。
※ご不明点がありましたら、norimatsuh@qunie.comまでお問い合わせください。

プログラム

6月10日(水)

経営情報を可視化し、タイムリーに現状把握と業績予測を行えるようにする

各拠点から経営情報を効率的に収集し各種経営指標を計算、その結果をダッシュボードで提供する仕組みを短期間で構築します。これにより業績を予測し、施策を修正するPDCAサイクルを短サイクル・多頻度で回すことができるようになります。本セミナーではプロジェクトの進め方と弊社の事例を紹介します。

6月17日(水)

間接業務を可視化し、人員や経費を削減する

間接人員・コストを削減するには、まず間接業務の可視化が必要ですが、中国人スタッフとのコミュニケーションは容易でなく、きちんと可視化ができず十分な削減効果が得られないという難しさがあります。本セミナーでは可視化のキーポイントからコスト削減方法について弊社の事例を交え紹介します。

6月24日(水)

コロナ後の事業方針に適した人事制度に改革する

現在の賃金構造や待遇をコロナ後の事業環境に適応しようとすると、制度面でのコンフリクトが発生します。コロナ後の戦略を推進するためには、雇用調整、給与減額、配置転換などの施策も視野に入れなければならず、その時のために各施策の実行に耐えられる人事制度を準備しておく必要があります。本セミナーでは人事制度の考え方と構築方法、事例を紹介します。

ページ先頭へ戻る

CLOSE