QUNIE

SEMINAR

2021.08.26

人材マネジメント研究会 特別ウェビナー vol.3
~人材データを真に活用するために~
地に足の着いた人材データ分析論

「ピープルアナリティクス」「AI」等の言葉によって人材データ分析に対する期待があおられています。
しかし、人事課題はデジタルデータによって魔法のように解決するほど単純ではありません。
重要なのは、人事課題解決の気づきをデータからいかに見出すか、ということです。
本セミナーでは、人事データ分析の発展のさせ方や具体的な方法について、事例を交えてご紹介します。

開催日
2021年8月26日(木) 17:00〜18:00
会場
オンラインにて開催
主催
株式会社クニエ
共催
インフォテクノスコンサルティング株式会社
対象
人事部門、経営企画部門、事業部の企画・人事・戦略・管理部門の部門長、および管理職の方
参加費
無料
定員
20名
講師
株式会社クニエ
マネージャー 山本 健太
シニアコンサルタント 高取 要介

お申し込みはこちら

申し込み期限:8月25日(水) 12:00

プログラム

第1部

人材データ分析の発展のさせ方、現在地の見極め

株式会社クニエ マネージャー 山本 健太

人材データ分析を発展させるためには、自社の現在地を見極めたうえで着実に取り組んでいくことが必要です。
「人材の最適配置」「要員・人件費」「スキル育成」等のテーマ別に人材データ分析の手法と発展段階を解説します。

第2部

データを活用した人事課題へのアプローチ実践

株式会社クニエ シニアコンサルタント 高取 要介

実際に企業で発生し得る人事課題を題材に、第1部で紹介するデータ・分析手法を使って、どのように原因を特定し施策を立案へ繋げていくか、Rosic人材マネジメントシステムを活用し、事例を紹介します。
また、人材データ分析を始めるために体制・ツールなど何を揃える必要があるか解説します。

ページ先頭へ戻る

CLOSE